事業紹介

映像制作のトータルサポートを
目指しております

昭和34年に創立した富士巧芸社は、写植のテロップ制作から始まり、デジタル化の変化にも柔軟に対応しながら、昨今は番組制作、番組編集に限らず、字幕放送や解説放送、データ放送など携わる業務の幅も広くなりました。時代の変化に合わせ事業展開をしており、以下のサービスの提供が可能です。

01人財協力

テレビ局、制作会社、ポストプロダクション、
その他一般企業への人財協力

テレビ番組は見えないところでたくさんの人たちが働いています。出演しているタレントやモデルはもちろんのこと、プロデューサー、アシスタントプロデューサー、ディレクター、アシスタントディレクター、デスク、映像カメラマン、カメラアシスタント、エディター、編集アシスタント、字幕放送オペレーター、解説放送など挙げればキリがないほど実に多くの役割を担った人たちによって支えられています。どれかひとつが欠けただけでも成り立たないといっても過言ではありません。富士巧芸社では基本的な研修から制作や編集のプロフェッショナルとなるべく教育を行い、多数のクライアント企業様のお手伝いをさせていただいております。また、テレビ業界にとらわれず人材不足にお困りのクライアント企業様や多様化するライフスタイルによって人を育てる事が難しくなっている昨今、人財協力を通じてクライアント企業様と一緒により高度な人材に育て上げていくサポートを行っています。何事も“人”こそが“財”です。富士巧芸社は仕事を通じて働きがいや生きがいを持ち、自らの力で成長していける人間に育つべく様々なサポートを通じて、クライアント企業様と一緒に成長していくことをモットーに人財協力をおこなっています。

人財協力

02映像制作

オンリーワン作品の企画・制作

ここ数年世界でもっとも進化したもののうちのひとつに記録媒体が挙げられます。ごく限られた人達にしか持てなかった高価な機材を使って8ミリフィルムで記録するしかなかった時代と比べて、安価でコンパクトで大容量の記録媒体によって、子供から大人まで手軽に映像と音声を半永久的に残せるようになりました。しかし、ただ撮って残せばいいというものではありません。膨大すぎる容量によって結局は見返されることのない無駄な物に終わってしまう事が多いでしょう。富士巧芸社では法人・個人を問わず、オリジナルの映像作品を企画立案から撮影、編集を行い制作しております。企業PR、スポーツスクールのレッスン映像、自分史など多用なニーズに丁寧な取材を通して撮影・編集を行い、クライアント様の想いを実現するお手伝いをしています

映像制作

03映像編集

映像のマルチメディア対応編集

何かしらの映像作品を観る事に関してもはやテレビだけだという人は少ないでしょう。スマートフォンの普及によって、家の中だけではなく外出先でも手軽に映像作品は持ち運べる時代となりました。またリアルタイムだけではなく過去のアーカイブ映像も気軽に取り出せるニーズに対応しなくてはなりません。富士巧芸社では現在・過去にとらわれず様々な媒体に対応すべく映像作品を編集いたします。過去の作品には現在のコンプライアンスに準拠しないものもあります。そういったものの修正、映像の劣化や細かな時間配分の見直し、映像そのもののチェック作業など多岐にわたるにニーズにお応えいたします。

映像編集

04字幕放送制作・
解説放送制作

テレビ番組の解説放送、字幕制作

バリアフリーはテレビ業界においても他人事ではありません。テロップやフリップに難しい字が多かったり、ナレーションが早口で聞き取れないなど障害のある人達にとってテレビはバリアが多くつきまといます。ユニバーサル放送と一言で言うのは簡単ですが、実際にもっとテレビを分かりやすくするために、字幕の入力業務、ナレーションの書き起こしなど多くの手間と時間がかかります。富士巧芸社では字幕(クローズドキャプション)の制作環境を整え、経験豊富なオペレーターが迅速かつ正確に字幕制作のお手伝いをしております。さらに、字幕の重畳もお受けいたしますので、制作から重畳まで【ワンストップサービス】で対応をしております。また、弊社では解説放送制作も行っております。解説放送のスキルを積んだディレクターが解説放送用ナレーション原稿作成からナレーション録りまで、お手伝いをしており、納期・予算・クオリティに自信を持って取り組んでおります。

字幕放送制作・解説放送制作

05編集スタジオ運営

テレビ番組の編集をリアルタイムな判断をもとに制作

FKスタジオでは放送前の最終チェックや編集作業をクライアント企業様と一緒にリアルタイムで行える環境と設備を備えております。テレビ番組を放送するまでには様々なプロセスを経て万全を期した状態で行わなければなりませんが、臨時的、突発的な出来事により内容を変更したり、リビルドしなくてはならない必要性に駆られる事も少なくありません。富士巧芸社では「FKスタジオ」として銀座に専用の編集室を構え、専属スタッフによる編集を行っています。納期にとらわれずお手伝いをいたします。

編集スタジオ運営

当社におけるマージン率

★派遣料金の仕組み(一般社団法人 日本人材派遣協会より)
派遣料金については派遣会社により多少の違いはありますが、一番多くを占めるのが派遣従業員の賃金で料金総額の約70%です。次いで派遣会社が雇用主として負担する労災保険、雇用保険、厚生年金保険、健康保険などの社会保険料が約11%となります。また、派遣従業員が有給休暇を取得する際に休暇期間については派遣先に対する料金請求はできませんが、派遣会社は雇用主として支払が生じるため、その引当て分としての費用も含まれています。なお、派遣先の倒産や料金不払いにより派遣料金が回収されない場合でも、派遣会社は派遣従業員に対して賃金を支払う義務を負っています。その他、オフィス・登録センター賃借料、募集広告費用、営業担当者やコーディネーターなどの人件費等をはじめとする諸経費がかかることから、これらすべてを差し引いた残り1.5%程度が派遣会社の営業利益となります。

※1社会保険に関しての事業主負担割合は、労災保険 0.3%、雇用保険 0.6%、健康保険4.95%・介護保険 0.865%、厚生年金保険9.15%となっており、賃金総額の約16%を占めます。(2019年3月現在)
※2所得税や住民税、社会保険料などの個人負担分等については、派遣会社が派遣スタッフの皆様に代わって国や自治体に納付するため、それらを差し引いた金額を賃金として支払います。

★株式会社富士巧芸社 マージン率
事業所形態 本社
派遣労働者数 1日平均168人(2018年2月現在)
派遣先数 57件(2018年2月現在)
労働者派遣に関する料金の平均額(8時間換算)21,889円(2018年2月現在)
派遣労働者の賃金の平均額(8時間換算) 15,048円 (2018年2月現在)
マージン率 31.3%

お気軽にご連絡ください。

下記フォームより送信をお願いします。

 

お電話でのご応募はこちら

03-5835-4035

受付時間:月~金 10:00~19:00