社員インタビュー(編集オペレーター)

Mさん

挑戦する場が与えられ、臆することなく挑戦できる

編集オペレーター

Mさん

主な仕事内容

映像の編集作業をして、最終的な作品に作りあげることが私の仕事です。

一日の仕事の流れ

10時頃に出社して、お客様と一緒に編集作業を終わるまで実施するというのが主な仕事の流れです。書類やメールの処理はほとんどなくひたすら編集作業をしています。

作業の量が多いと終わる時間も遅く大変なこともありますが、お客様と共に打ち合わせと作業をして一つの作品を作っていくのはとても楽しいです!

富士巧芸社を選んだ理由は?

学生時代にテレビ制作に体験で携わらせてもらったことがあり興味を持っていました。制作した作品の上映をしたのですが、見ている人の反応が好意的で作った自分が嬉しくなりました。大学は結局中退したのですが、その流れから就職する際に番組制作ができる会社を調べていたら、富士巧芸社ホームページが目に付いたので連絡して面接をしたというのがきっかけになります。絶対に番組制作をしたいというよりは、本当に興味がある程度だったのですが、トントン拍子で進み気がつけばという感じですね笑

やりがいを感じることは?

自分が編集した映像がテレビで流れて、それを見ている人の笑顔が見れたときですね。

大げさかもしれませんが、観た人を笑顔にしたり感動をさせたり少しでも影響を与える仕事ができたなと実感できます。
カメラマンが撮影してきた素材を活かせるかどうかは編集しだいです。責任も非常に大きい仕事ですが、その分とてもやりがいを感じます!

会社の魅力について教えてください。

相談すると解決に向けて動いてくれることですね。富士巧芸社の人たちは相談を聞くだけでなく、どうやったらその問題を解決できるか一緒に考えて動いてくれます。会社としてそういったバックアップとかサポートが充実してるのはとても魅力的な部分だと思います。

富士巧芸社を目指す方にメッセージを!

テレビ業界や映像制作の業界は大変なイメージがあると思います。実際お客様からのプレッシャーも大きく、作る工程で大変なこともいっぱいあります。

ただ、その分を壁を乗り越えた時は感動や達成感はとても大きいです。壁を乗り越えるためのバックアップも富士巧芸社は体制ができています。一歩踏み出して、最高の作品を一緒に作りませんか??

CHECK/ その他採用情報

ENTRY/ 採用エントリー

華やかなテレビ業界で働いてみませんか??
富士巧芸社は求職者の方が働きやすい環境や福利厚生を整えております。
少しでも興味があれば、是非一度お話ししましょう!

エントリー