社員インタビュー(ディレクター)

Nさん

携わった作品がテレビに流れる時が一番感動します

ディレクター

Nさん

主な仕事内容

プロデューサーとADの連携役として~

1日の仕事の流れ

基本的にはフレックスで好きな時間に出社できます。
午前中は自分の用事を済ませて、午後2時からテレビ局や編集所に直接出社することもあります。
また、朝から出社した際は早ければ19時には退社しています。
逆に編集作業が夜から入っている時は朝方まで編集作業をすることもあります。
出社してからは関係部署に連絡や調整をとったり、会議に参加したりなどが主な業務になります。
好きな時間に来て、好きな時間に帰れるのは魅力的な部分ですが、逆にこの日までに作業しなければいけないというのが明確に決まっており、その日までには何があっても完了させるのが大変な時もあります笑
かなり自由度の高い働き方をできるのは魅力的な部分です!

富士巧芸社を選んだ理由は?

以前は土木関係の仕事をしていたのですが、元々テレビ業界に興味がありました。人生一度きりなので挑戦してみようと決めました。転職活動する時にたまたま富士巧芸社のホームページが一番上にあったので連絡したというのがきっかけです。
特にこれといった理由はないのですが、面接に行ったらすぐに採用して頂き翌週から現場で働かせて頂きました。
縁があったということですかね(笑)

やりがいを感じることは?

自分の携わったテレビ番組が流れてるのを見る時にすごくやりがいを感じます。

最初のほうは仕事に慣れるのが大変ですが、やりきった仕事がテレビに流れるのはすごく嬉しいですね。今私が働いてる現場の上司から言われた言葉ですごく印象に残っているのが、有名な映画で「君の名は」ってありますよね??あれだけ有名な映画で観てもらえる人数が1000万人です。これがテレビの視聴率で考えると、10%なんですよ。深夜番組などでも3%とか5%見られる番組多数あり、あれだけ有名な映画に劣らないぐらい見られるものを作っているというのはとてもやりがいを感じます。

会社の魅力について教えてください。

とても自由に仕事をさせて頂けることと、風通しの良い人間関係ですかね。
管理されるということはなく常に自由にやらせてもらっています。特番の忙しい時期は体調面を気にかけてくれたり、時間がある時には今後の進路の相談に乗ってくれたり、常に気にかけてくれています。
フランクで自由な社風はとても魅力的だと思っています。

富士巧芸社を目指す方にメッセージを!

よくテレビ業界はブラックで寝れない・帰れないと思われていることが多いですが今はそんなこともありません。

働き方の改善はテレビ業界にも波及しており、自分の働き方次第で早く帰ることも可能です。ONとOFFの切り替えがしっかりできる人であればそんなに気負う必要はありません。

業界に飛び込むから凄く覚悟が必要だというようなことはないので、興味があれば是非話を聞きに来てください。

CHECK/ その他採用情報

ENTRY/ 採用エントリー

華やかなテレビ業界で働いてみませんか??
富士巧芸社は求職者の方が働きやすい環境や福利厚生を整えております。
少しでも興味があれば、是非一度お話ししましょう!

エントリー