募集職種

初めてテレビ業界で働く人も安心!

テレビ業界には興味あるけどなんの職種が自分に合ってるのか分からなくても大丈夫!!
迷ってるところから一緒に考えていきましょう!!

番組制作/制作アシスタント

制作アシスタント

テレビ番組の制作は、公共の電波を使って「視聴者に伝えたい映像を作り出す」事です。一つの番組にはプロデューサー・ディレクター・AP・ADなど様々な担当者が業務を分担し、力を合わせて番組を支えています。企画・リサーチ・予算・機材・ロケ・収録・編集・O.A etc…、全ては自分たちが伝えたい事を形にする為に、いろいろな「人」や「物」の間を取り持つ、まさに「何でも屋」です。

主な業務内容
  • リサーチ業務
  • ロケハン&許可取り
  • 会議資料作成
  • 編集立ち会い
  • ディレクターフォロー

CM制作/プロダクションマネージャー

CM制作

テレビ番組の合間に放送されるCMは、 企業の商品や企業自体を多くの人に知ってもらうための映像広告です。企業や製品、サービスなどのイメージを15秒または30秒という短時間で視聴者に伝えなければいけないため、細かい演出を何度も熟慮して作っています。まず、CMを作る仕事には、大きく分けて「企画」と「制作」の2段階があります。企画とはCMのアイデア、ストーリーを考えることであり、制作とはその企画に基づいて、撮影などを行い実際にCMを作り上げていきます。

主な業務内容
  • 制作工程スケジュールの管理
  • 撮影場所等のリサーチ、許可取り
  • 編集立ち会い

編集/ 編集エディター

編集エディター

制作スタッフが用意した収録素材や放送したい未完成のVTR素材に、テロップ・CGなどを付加しながら様々な映像処理を施し、放送できる状態に仕上げる仕事です。
主にポストプロダクションといわれる編集スタジオ内で行われる業務で「リニア編集※1」と「ノンリニア編集※2」があります。
いずれの編集もディレクターの指示のもと映像の加工や処理を行います。
いわば制作サイドの頭の中にあるイメージを最終的に形作る職人です。

主な業務内容
  • テロップ作成、素材のコピー、カウンターでの受付業務
  • 放送用テープへの書き出し、テロップなどの加工

※1:「リニア編集」は2台以上のデッキを使用しテープからテープへ映像を記録しながら編集していくシステム。

※2:「ノンリニア編集」はテープなどで持ち込まれた映像素材を編集ソフトに取り込み、デジタル変換した素材を編集していくシステム。

カメラ/ カメラアシスタント

カメラアシスタント

番組の目的に適した映像をファインダーを通じて取捨選択し、テレビ画面に映る映像を映し出す仕事です。大きく分けると、スタジオ番組や中継番組を担当するスタジオカメラマンと、表に出掛けて行ってニュースやドキュメンタリー、情報番組などを取材する、取材カメラマンの二つに分かれます。ディレクターに指示された条件の中で、よい映像を撮ることが求められ、撮影した映像は副調整室に並べたモニターに表示され、ディレクターとスイッチャーによって順次選択されて放送されます。ビデオカメラを持ってニュースやドキュメンタリーを取材する取材カメラマンは、 事前に記者やディレクターと打ち合わせをした上で、取材中は自分ひとりで撮影を進めます。何がどのように起こっているのかを正確に伝えるために、自分で状況を判断してカメラを回します。また、どこから撮影すればよい映像になるか、事前に被写体の動きを想定することが重要となります。

主な業務内容
  • 機材の準備
    (カメラ、レンズ、三脚、メディア、
    バッテリー等)
  • 撮影中のフォロー
    (ケーブル対応、記録、機材の運搬)

CHECK/ その他採用情報

ENTRY/ 採用エントリー

華やかなテレビ業界で働いてみませんか??
富士巧芸社は求職者の方が働きやすい環境や福利厚生を整えております。
少しでも興味があれば、是非一度お話ししましょう!

エントリー