マスコミの仕事 テレビ業界専門人材紹介、仕事紹介の株式会社富士巧芸社

03-5835-4035

受付 月~金 10:00~19:00

マスコミの仕事

Works

マスコミ(テレビ業界)にはいろいろな職種・仕事があります。

マスコミ(テレビ業界)にはいろいろな職種・仕事があります。

テレビ業界のお仕事といっても、
いろいろな職種があります。

このページではテレビ業界の代表的な職種と仕事内容、
富士巧芸社が紹介しているお仕事をご案内します。

映像制作/編集の職種

プロデューサー 
Producer

映画・テレビ・ラジオなどの番組制作における全体の責任者です。番組内容の企画立案から予算の調達、制作費の管理やスタッフの人事等すべてをつかさどります。番組制作の全てにおいて責任を負うとても重要な役職なので、大きな番組では複数人のプロデューサーが各業務を分担し業務を遂行する場合もあります。

 

ディレクター 
Director

テレビ・映画・ラジオなどの番組制作における実務の責任者です。自らの足で取材をし情報を収集して台本を作成する場合もあります。 収録やロケ時は事前に台本をチェックしカット割りなどを決めたり、技術・美術スタッフと打合せを行います。本番中は出演者や制作・技術スタッフに指示を出して番組を進行します。またVTRの構成を考え編集をし、ナレーションを撮り最終的に放送する番組の実務を行います。

 

エディター(編集) 
Editor

制作スタッフが用意した収録素材や放送したい未完成のVTR素材に、テロップ・CGなどを付加しながら様々な映像処理を施し、放送できる状態に仕上げる仕事です。 主にポストプロダクションといわれる編集スタジオ内で行われる業務で「リニア編集※1」と「ノンリニア編集※2」があります。 いずれの編集もディレクターの指示のもと映像の加工や処理を行います。 いわば制作サイドの頭の中にあるイメージを最終的に形作る職人です。

  • ※1:「リニア編集」は2台以上のデッキを使用しテープからテープへ映像を記録しながら編集していくシステム。
  • ※2:「ノンリニア編集」はテープなどで持ち込まれた映像素材を編集ソフトに取り込み、デジタル変換した素材を編集していくシステム。
 

アシスタントプロデューサー 
Assistant producer

一言でいうとプロデューサーの補佐を行う業務です。 キャスティングしたい出演者のスケジュールや収録スタジオ・編集スタジオなどを押さえたり、番組予算の具体的な管理、細かいお金の計算など様々な業務をプロデューサーの指示のもと業務をフォローしていく業務です。

 

アシスタントディレクター 
Assistant director

番組制作のあらゆる仕事に関わるいわゆる"何でも屋"です。 ディレクターの指示に従って実務的な作業を担当・フォローしていきます。 基本的には企画に必要なリサーチ業務や資料作成、台本や原稿・資料のコピー、出演者やスタッフの弁当発注、小道具などの買い出し、撮影交渉、ロケハン、収録・ロケ準備の雑務や後片付け、本番中のディレクターのフォロー、オフラインの準備、編集時に必要な準備などなど番組制作のすべてに関わる雑務から重要な任務まで幅広く担当します。

 

編集アシスタント 
Editing assistant

一言でいうとエディターの補佐を行う業務です。 基本的には編集室の準備や掃除、「DEKO※1」などのソフトを使用してテロップデータの作成、制作スタッフへの対応、機材のメンテナンスや管理、「デジタイズ※2」なども行います。 編集前にはテープ素材のフォーマット変換や取り込み作業を行ったり、編集作業では映像に加えるテロップの文字入力や加工をエディターやディレクターの指示のもと作成していきます。

編集後はVTRのダビングや放送用テープへの書き出し作業など、あらゆる細かい作業を任されます。

  • ※1:DEKOとは現在のテレビ番組で表示している文字(テロップ)を作成するソフトの事。
  • ※2:デジタイズとはテープなどの素材をパソコン上で使用出来るようにデジタル変換する業務の事。
 

デスク 
Desk

制作デスクは番組制作に関わる事務や連絡など、制作スタッフの補助的な作業を行います。 基本的には経費の積算業務や伝票処理などのデスクワークですが、人手が足りない現場では収録前後に楽屋の準備や出演者のケアなど制作スタッフのフォローをする事もあります。 ポストプロダクションのデスクは制作会社などから編集希望日のスケジュールを受付け・管理したり、事務作業や伝票処理等のデスクワークを行います。 機材やテープのレンタルや販売をしている会社もあるので窓口業務を行う場合があります。

 

字幕放送オペレーター 
operator

「字幕放送」は、主に聴覚に障害のある方やテレビの音が聞こえにくくなった方々に、ドラマのセリフやバラエティ番組のトーク・ナレーション部分などを字幕で表示し、文字で番組内容がわかる放送です。 字幕放送オペレーターとはそんな字幕を作成・チェックする業務のことです。 現在、ほとんどの番組が字幕放送に対応している為、VTRのコメントなどを正確に聴き取り、ミスなく素早くPCに打ち込むスキルが求められます。

 

解説放送 
Commentary broadcast

「解説放送」は、主に目の不自由な方の為に解説を付け加えて番組内容を伝える放送です。 ドラマの場合は台詞だけでは表現しきれない情景描写などを、ナレーターが言葉で説明をして伝えていきます。 解説放送に従事するスタッフはその情景描写を言葉にし、新たにナレーションを撮る業務を行います。

スタッフ応募

まずは応募から!!
Webエントリーは24時間受け付けております。
スタッフ応募フォームはこちら
3分で完了!

メールフォームへ

お電話によるエントリーも受け付けております。

03-5835-4035

受付
月~金 10:00~19:00

Manager introduction

Manager introduction

初めてテレビ業界で働く人も安心!富士巧芸のマネージャーがしっかりサポート

ページの先頭へ